日本語

529プラン

意味

529 プランは、正式には 適格授業料プラン と呼ばれ、有利な税制条件の下で将来の教育費の貯蓄を促進することを目的としています。内国歳入法のセクション 529 に準拠するこれらのプランは、通常、州または教育機関が後援し、前払い授業料プランと教育貯蓄プランの 2 種類があります。

529プランの重要性

これらのプランは、教育費の大きな経済的負担に備える家族にとって不可欠です。税制上の優遇措置と規律ある貯蓄ルートを提供することで、529 プランは子供の人生の早い段階から教育への投資を奨励します。

主な特徴

  • 税制上のメリット: 拠出金は連邦税控除の対象にはなりませんが、収益は非課税で増加し、適格な教育費の引き出しは連邦税が免除されます。

  • 投資オプション: プランには、積極的なものから保守的なものまでさまざまな投資ポートフォリオが含まれることが多く、口座保有者はリスク許容度と財務目標に合わせて選択できます。

  • 高額の拠出限度額: ほとんどの州では、受益者 1 人あたり 30 万ドルを超える高額の拠出を許可するプランを提供しており、多額の教育費を賄うことができます。

追加特典

  • 遺産計画の利点: 529 プランへの寄付は、税務上は贈与として扱われます。特別選択により、贈与税を課されることなく、5 年分の贈与を一度に寄付することができます。

  • 幅広い費用: 適格な費用には授業料以外にも、手数料、書籍、備品、場合によっては学生が半日以上在籍している場合は宿泊費や食費も含まれます。

考慮事項

  • 投資に対する制限付き管理: 投資ポートフォリオを選択することはできますが、変更できるのは通常、年に 2 回のみです。

  • 非適格な引き出しに対する罰則: 非教育目的の引き出しには所得税と収益に対する 10% の連邦罰金が課せられます。

結論

529 プランは、柔軟性、税制優遇、多額の拠出限度額を提供する強力な教育貯蓄ツールとして際立っており、教育のための財務計画の基盤となっています。そのメリットは単なる貯蓄にとどまらず、遺産計画や財政援助の検討にも影響を及ぼします。

で始まるその他の用語 #

関連する用語は見つかりません。