日本語

シングルファミリーオフィス構造

このガイドでは、裕福な家族の財産と個人的な事柄を効率的に管理するために設計された シングル ファミリー オフィス (SFO) の企業構造と管理構造について説明します。この構造は、効果的な コンプライアンスとガバナンス、リスク管理、および家族の価値観と目的との整合性を確保しながら、家族の変化するニーズに適応するために、柔軟で堅牢である必要があります。詳細な説明は次のとおりです。 企業構造 民間企業 管轄の選択 信頼 信頼の種類 信託証書 信託基金 ハイブリッド構造 マネージメント構造 エグゼクティブリーダーシップ 機能部門 諮問委員会および委員会 結論 よくある質問 企業構造 シングルファミリーオフィスの企業構造は、家族の資産規模、目標、規制上の考慮事項などの要因に基づいて大きく異なります。通常、シングルファミリーオフィス (SFO) は非公開会社、信託、またはその両方の組み合わせとして構成され、それぞれが管理、責任保護、税務効率の点で異なる利点を提供します。 民間企業 単一のファミリー オフィスは、家族がガバナンス権を持つ株式を所有する非公開有限会社として設立される可能性があります。この構造により、責任保護が提供され、ガバナンスと後継者計画が容易になります。 管轄の選択 非公開会社を設立するには、ファミリー オフィスの運営に有利な法的および税務環境 (プライバシー法、規制要件、税務上の影響を考慮して) を提供する管轄区域を選択することが非常に重要です。単一のファミリー オフィスを設立するのに最も人気のある管轄区域は次のとおりです。 スイス: 強力なプライバシー法、政治的および経済的安定。 シンガポール: 堅牢な規制枠組み、魅力的な税制優遇措置、および成長する 資産管理 サービスのエコシステム。 ルクセンブルク: 投資ファンドを中心に、洗練された金融セクターで人気があります。 ケイマン諸島: ケイマン諸島は税金の中立性で知られており、法人や個人に直接課税されません。 ドバイ(アラブ首長国連邦): 免税環境と世界クラスの銀行サービス。 リヒテンシュタイン: 政治的安定、投資家のプライバシー、有利な税制が魅力的です。 チャンネル諸島(ジャージー島とガーンジー島): 政治的、経済的安定、洗練された法的および規制環境、税金の中立性。 香港: 有利な税制、英国の慣習法に基づく強固な法制度、アジア市場への戦略的なアクセス。 米国 (サウスダコタ州、デラウェア州、ネバダ州などの特定の州): 信託に優しい法律、資産保護法、信託および ファミリー オフィス に対する有利な税制措置。 ニュージーランド: 外国信託に対する強固な法的枠組みと有利な税制。 信頼 一部のシングルファミリーオフィスは、信託構造内に設立され、家族メンバーの利益のために資産を管理し、税制上の優遇措置と高度なプライバシーを提供します。 信頼の種類 取消可能 vs. 取消不可能: 信託が取消可能 (委託者によって変更または終了可能) か、取消不可能 (確立後は変更できない) かを決定します。
続きを読む >>

マルチファミリーオフィス構造

マルチファミリーオフィス (MFO) は、複数の富裕層のニーズに応える特注の金融機関であり、資産を効果的に管理するための包括的なサービス スイートを提供します。これらの組織は、多額の資産を管理する複雑さにより専門知識と個別のサービスが求められる今日の金融環境において非常に重要です。 この記事では、マルチファミリーオフィス内の一般的な組織フレームワークと役割について説明し、クライアントの資産を効果的に管理し、高いレベルのクライアント満足度を維持するために、マルチファミリーオフィスがどのように機能するかを明確に示します。 マルチファミリーオフィス構造の主要構成要素 エグゼクティブリーダーシップ クライアントサービス 投資チーム サポートサービス 専門サービス マルチファミリーオフィスにおける管理実務 シングルファミリーオフィスとマルチファミリーオフィスの構造 顧客重視 経営リーダーシップとマネジメント 投資管理 提供されるサービス ガバナンスと意思決定 顧客関係管理 規模とリソース 結論 よくある質問 マルチファミリーオフィス構造の主要構成要素 エグゼクティブリーダーシップ 最高経営責任者 (CEO): CEO は MFO を率いて戦略的な方向性を定め、すべての高レベルの業務を監督します。彼らは、オフィスがクライアントの資産管理ニーズに応えるという使命を順守していることを確認します。 最高財務責任者 (CFO): MFO の財務健全性に責任を持ち、資産、負債、財務計画、記録管理を管理します。 最高投資責任者 (CIO): CIO は投資戦略を担当し、投資チームを監督し、投資が顧客のリスク許容度と財務目標と一致していることを確認します。 クライアントサービス リレーションシップ マネージャー: これらの専門家は、クライアントの主な連絡窓口として機能します。クライアントとの関係を管理し、家族の力関係を理解し、クライアントの要求とニーズがすべて満たされるようにします。 資産計画担当者: 資産計画、税務計画、財務構造の専門家である資産計画担当者は、世代を超えて家族の資産を守り、増やすための専門的なアドバイスを提供します。 投資チーム 投資アナリスト: 市場調査を実施し、投資機会を分析し、CIO が情報に基づいた投資決定を下せるようサポートします。 ポートフォリオ マネージャー: CIO が策定した戦略に従い、個々のクライアントの目標に沿って、クライアント資産の日常的な配分を管理する役割を担います。 サポートサービス 法務およびコンプライアンス担当者: MFO が法的枠組み内で運営され、すべての金融規制に準拠していることを確認します。 管理スタッフ: 日常の管理業務、クライアントとのコミュニケーション、ロジスティックスサポートを担当し、オフィス内の円滑な運営を確保します。 専門サービス 家族のニーズに応じて、MFO には慈善事業、特別な不動産プロジェクト、その他の専門知識を必要とする分野の専門家も含まれる場合があります。 マルチファミリーオフィスにおける管理実務 マルチファミリーオフィスの有効性は、その構造だけでなく、管理方法にも左右されます。採用されている主な戦略は次のとおりです。 透明性: 財務上の決定、投資リスク、パフォーマンスについて家族とオープンで透明性のあるコミュニケーションを維持することは、信頼と長期的な関係を築くために不可欠です。 柔軟性: 家族のニーズの変化に対応し、市場の状況に合わせて戦略を調整し、潜在的な機会や脅威に対して積極的に取り組みます。 カスタマイズ: 各家族の特定のニーズと価値観に合わせてサービスをカスタマイズし、資産管理のあらゆる側面が家族独自の目標と状況に一致するようにします。
続きを読む >>

ファミリーオフィスの設立

ファミリー オフィスの設立は、富裕層の家族の財産を管理および維持するためにカスタマイズされた包括的なプロセスです。これには多くの時間と高額な費用がかかるため、慎重な計画、戦略的な意思決定、綿密な組織化が必要です。ファミリー オフィスを設立するためのステップ バイ ステップ ガイドは次のとおりです。 ステップ1: 目標を定義する 目標を特定する ニーズを評価する ステップ2: 資産を評価する ステップ3: ファミリーオフィスの種類を決定する ステップ4: ガバナンス構造を確立する 家族憲章を作成する ガバナンスフレームワークを作成する ステップ5: ビジネスプランを作成する ステップ6: プロフェッショナルチームを編成する ステップ7: 投資方針声明書(IPS)を作成する ステップ8: 法令遵守 ステップ9: テクノロジーソリューションを実装する ステップ10: 投資戦略を立てる ステップ11: 資産管理戦略を実行する ステップ12: 慈善活動を始める ステップ13: 後継者計画 ステップ14: 報告と評価のメカニズムを確立する 結論 よくある質問 ステップ1: 目標を定義する 目標を特定する ファミリー オフィスで何を達成したいかを明確にします。一般的な目標は次のとおりです。 財産の保全 投資による成長 遺産計画 慈善活動 家族のプライバシーとセキュリティの確保 ニーズを評価する 投資管理、法律アドバイス、税務計画、コンシェルジュ サービスなど、ご家族に必要な特定のサービスを評価します。 ステップ2: 資産を評価する 家族の総資産を評価して、ファミリー オフィスが資産管理の最も効率的な方法であるかどうかを判断します。通常、1 億ドル以上の資産を持つ家族は、ファミリー オフィスに関連するコストを正当化できます。 ステップ3: ファミリーオフィスの種類を決定する シングル ファミリー オフィス (SFO): ご家族のニーズが広範囲に及び、排他的な管理を希望する場合は、SFO の設立を検討してください。 マルチファミリーオフィス (MFO): コストを削減するために他の家族とサービスを共有することに抵抗がない場合は、MFO が適している可能性があります。
続きを読む >>